ママ友ってすばらしい

2016-09-06 02.27.22

韓国に来て、一年半、言葉のつたなさから、積極的になれなくて、日本人の友達はできても、韓国人の友達はなかなか作れずにいたんですが、私が出産したあとに、呼んだトウミのおばちゃんが、繋げてくれた、産母の韓国人の女性に会いに行ってきました^^

トウミのおばちゃんというのは、出産後の体をいたわるために、家に手伝いにきてくれるおばちゃんのことです!

高齢のおばあちゃんに近い方がこられる場合も多いのですが、このおばちゃんはうちのお母さんくらいの年で、

まぁいえば、産婦くらいの年齢だと娘のような感覚でしょうか。

私の家で2週間仕事をされた次にいかれたお家の韓国人女性でした!

家で子供と二人だけで過ごすのも、退屈だったり、寂しかったり。だから、出産後の大変な時期を共有し、慰め合う友達を作ってあげるわ!と連絡先を教えてくれ、

カカオトークでやりとりだけしていて、それ以来初め会う機会でした!

なんだか、韓国人と過ごしているという感覚はなく、昔からよく知っている友人のような感覚でした!

出産後こうだったあーだった。子供にどうしているこうしているという話に花が咲き、時間もあっという間に過ぎていきました。

その方の旦那さんが、たまたま日本に興味をもっていて、単語帳をもって毎日熱心に勉強しているそうですよ!

やっぱり縁があるんですよね!

いつか会って話してみてほしいといっていましたね!

一緒にいて、窮屈でなく、自然体でいれて、また会う約束をし、帰ってきました。

旦那の友達の奥さんや、親戚には、年の近い韓国人女性もいますが、

こうやって、そういった因縁もなく、自然にできた初めての韓国人のお友達!ママ友!!

これからの韓国語の勉強に熱が入りそうです!ふふふふふ^^♡